2011年3月26日土曜日

アイロンアタック?その1

昨日は花粉の影響で、
くしゃみが止まりませんでした。
コレを書いていても出ます。
すると、ちゃーこが「にゃ〜」と鳴きます。


あたいはお母ちゃんと遊んでやったにゃ。
寛いでいると
ちょうどお母ちゃんが
アイロンをかけだしたにゃ。


video




動くものには手を出す。これはお約束ですにゃ。

福島第一原発の作業員の被爆事故は
「あんたら、ほんとにプロ?」
と疑いたくなってしまいました。
ちょっと、お粗末すぎ。
KY(「空気読めない」じゃなくて「危険予知」)が
全くされていないと感じてしまいました。

そこにいるだけで、危ない場所なのに、
装備も不足しているし、放射線の管理者も連れずに
さらに放射能検知器のアラームが鳴っていたのに
無視して作業をしていたというのです。
その時点で何故本人たちは気がつかないのでしょうか。
「マズイ!」って。
10年くらい前の東海村での臨界事故を思い出しました。
バケツで核燃料を運んでいたという、事故でした。
なんか、それと同レベルのことをこの事態でもやっているなんて、なんてズサン。
これくらいは自分で気がつかないと。

燃料電池など、従来の発電方法以外が実用化できないと
電気自動車どころではなく停電がしょっちゅう(だったという)の
昭和30年代の生活レベルにしないといけないかもしれませんね。

23 件のコメント:

raika さんのコメント...

ちゃーこちゃんはアイロンかけのお手伝いですね。ちょっと危険だけれど、そばにいてくれると可愛いですね。
eddyさんはアイロンのにおいで逃げていきますよ。

原発は本当にずさんだと思います。もっと専門家の方はいないの???と思ってしまいます。うちは微妙に近いので早く何とかしてもらわないと、帽子、めがね、マスク、手袋、長いコートという完全防備、冬じゃないと無理なんですけど・・・

花六 さんのコメント...

ちゃーこちゃん、アイロンじゃなくて、動いてる布に興味があったんですね♪♪
本当に花粉、すごいですよねえ…
私は花粉症ではないんですが、車が黄色くなっていたりするとさすがにびっくりします;

武部好伸 さんのコメント...

ぼくのブログにコメントいただき、ありがとうございます。

ほんま、G球団のオーナーとその上の人(○○ツネ氏)は、いっぺん滝に打たれてきやなあきませんな~。

楽しいブログですね。タヌニャンという名前が何とも可愛いです(笑)

こみぞう さんのコメント...

ぐふふ^^
ちゃーこちゃんの肉球で押さえて引っ張ったら、シワも伸び~るかもにゃ♪♪

放射能検知器のアラームが鳴っていたのに・・・作業員は故障かと思ったそうですね。でもその時点で怖いと思わなかったのかなあ。。。
緊張感や不安が続く作業で、もしかしたら凄く疲れていたのかもとも思いますが、でも日本や世界の安全を背負っているのですから、気をつけて欲しいです。あの方々のご家族だってもの凄く不安な中見守っているのですから☆

キラりん さんのコメント...

ちゃーこちゃんのお手手^m^
動く物には反射的に出ちゃうんですね~♪
お母さんのちゃんちゃんこ(?)猫柄ですか?

花粉症で辛そうですね!
原発の被爆はどうなってるんでしょうか。
怖いです・・・。

fujino さんのコメント...

うちのぷぅさんも、アイロンがけしていると寄ってきて、手伝おうと(?)してくれるんですが、今度はやけどハゲが出来たら困るんで、
「決して中を覗かないで下さいね(;一_一)」
と、ツルの恩返し状態で一室に篭ってやってます、私(^^;;;
これ、子どもっちが小さい頃もおんなじでしたね(>▽<;; アセアセ。

・・・本当に原発はずさんすぎですよね(-"-;)
さっきもニュースでやっていて、お父しゃんとおんなじこと話していました。
昔の特攻隊じゃないんだから、危険なものを扱う自覚と指導をしてあげなきゃいけないんじゃないか?
何人犠牲者出せば済むんだ?東京電力!!ですよ(`´メ)

ルイ&アイ さんのコメント...

くしゃみと「にゃ~」・・・笑っちゃいましたm(__)m

ちゃーこちゃん、お手々が出ちゃう、ニャンコショットですね(~o~)

被曝事故、これまた「人災」ですよね・・・普段から孫請けくらいになるとアラームが鳴っていても仕事を続けていたと語っていた人がいました(仕事をもらえなくなるからだと)

tia さんのコメント...

ちゃーこちゃん、ママのお手伝いしてるのかな?
昔、飼っていた猫はアイロンが不思議だったらしくて何故か熱い部分に肉球をピトっ。

「えっ?!」

と思った瞬間、大騒ぎでした。
急いで水で冷やして大丈夫でしたが、猫ちゃんは何をするか解らなくて危ないですね~。

sabatora nyanya さんのコメント...

ちゃーこちゃんアイロンかけの最中は焼けどするから注意してお手伝いしてね。
o(^▽^o)

もりやすさんも花粉症は重症ですね。
今年の花粉は強烈で長引きそうですよ
早く花粉もおさまったらいいですね

東電のいい加減な良い訳はもうどこまで
信用して良いのか分らなくなりましたよ。
(>。<≠)

maiki- さんのコメント...

もりやすさん、こんにちは♪
動画見ました、ちゃーこちゃん、アイロン掛けてるハンカチなのかなに、じゃれて遊んでますね、可愛いですね♪
でも良く見ると手で押さえてるし、お手伝いも兼ねてるのかな、噛んでましたが♪
原発の事故、多すぎですね、週刊誌で読んだんですが、これには理由があるらしく、タマという、放射能物質を浴びる許容範囲があって、ベテランの人ほどのそ許容範囲が少なくなっていて、素人の若い人が募集で入ってきて、そう言う人が、大事な仕事に加わってるそうです、お粗末な現実ですよね。(汗)

マイキー さんのコメント...

もりやすさん、こんにちは♪
↑マイキーでした、ローマ字になっちゃいましたすみません。(汗)

もりやす さんのコメント...

raikaさん

この時はアイロンというよりも
その後のタタンでいる現場だったのですが
かけているときは、突然手を出さないのか
気をつけています。
eddyさんは逃げちゃうんですか。
それの方が安心。
今の状態、原発に近いととっても気になりますよね。

もりやす さんのコメント...

花六さん

アイロンではなかったですね、確かに。
ええ!
花六さんは花粉症じゃないのですか。
いいなあ。
この苦しみを分けてあげたいです。

もりやす さんのコメント...

武部さん

いらっしゃいませ。
こんなふうにブログで書いております。
他にもテーマ別に色々ありますので
また紹介しますね。

もりやす さんのコメント...

こみぞうさん

ちゃーこの肉球はそんな効果があったらいいなあ。
魔法の肉球として売り出せるかも。
今も普段もそうですけど、原発はコントロールできないと
命がまさにかかってしまう代物のようなので
関心がとても高いです。
少なくともルールは守って欲しいです。

もりやす さんのコメント...

キラりんさん

そうなんだにゃ。
こんなふうに動くと、目が真ん丸になって
手が動いてしまうんだにゃ。

あたいのお母ちゃんのチャンチャンコは
ネコ柄、大当たりだにゃあ。

もりやす さんのコメント...

fujinoさん

そうそう。
アイロン掛けをすると必ずチャーコが寄ってくるので
一時は別室でやっていましたが、
最近は監視しつつやっているようです。
どこのお宅でも一緒ですね。

もりやす さんのコメント...

ルイ&アイさん

くしゃみすると「にゃー」と鳴かれるのは
なんと、もりやすだけなんです。
なんででしょうねぇ。

ええ!孫請けくらいになると
アラームなってても黙って仕事をしないとあとがなくなっちゃうのですか?
コレは酷いなあ。
会社間のパワハラじゃないですか。

もりやす さんのコメント...

tiaさん

手伝っているつもりなのかなあ。
とてもそうは思えないけど。

え!
肉球で熱々アイロンに
タッチしちゃったんですか!
大騒ぎになりますよ。
大丈夫でよかったですね。

もりやす さんのコメント...

sabatora nyanyaさん

そうです。
花粉症は毎年変わりませんが
相変わらず辛いです。
症状が出たら少ない日でも多い日でも
症状は変わりません。

東電というかそもそも、人類は原子力を完全にコントロールできていないのでしょうね。
チェルノブイリのようになるとまさに制御不能ですから。

もりやす さんのコメント...

マイキーさん

お手伝いをしているのかなあ。
邪魔をしているようにしか見えないなあ。
タマという許容範囲があるのですか。
花粉症の仕組みによく似ていますね。

ごろー社長代理 さんのコメント...

こんにちは。
ぼくもくしゃみに「にゃぁ~」と思わず反応しちゃうな。
ちゃーこちゃん、アイロンかけに興味をもったんだね。
「こらっ!」と怒らないお母ちゃんは偉いにゃ。
原発問題、早く何とかして欲しいです。

もりやす さんのコメント...

社長代理もくしゃみに反応する派なんだにゃ。
あたいだけでなくって良かったにゃ。
お母ちゃんは、あまり叱らないにゃ。
オヤジにはよく叱られるけど。
でも、お母ちゃんからは抱っこの刑をされるので
こっちのほうが怖いにゃ。